2014/06/17

vol.191 リンクアドのC2B的活用法

リンクアド報告配信プラットフォームは、そもそも自社広告配信を目指して開発した。従って、B2Bビジネスモデルである。

このモデルでこれまでずーっと営業活動を進めて来たわけで、B2Cビジネスモデルについては積極的だったとは言えない。しかし、ここに来て、個人での活用を視野に入れようと思い至った。

よーく考えてみると、リンクアドはテキスト中のキーワードに広告を配信するという点が面白かったから開発したプラットフォームである。ならば、企業ユースというよりも、個人ユースについて、もっと積極的であるべきであったという反省からである。

また、ビジネスユースに特化した「広告」ではなく、「情報」を提供するプラットフォームでもあるわけだから、そのことをもっと意識して行くべきではないかとの反省もある。

「情報」を提供する場合、キーワードに対して表示されるべきものは「概要情報」ということになるだろう。そして、クリック、タップによって詳細ページに遷移する。このアクションには全く違和感がないものと思う。

「概要情報」のフォーマットは、写真プラステキスト100文字程度だろう。また動画であっても良い。いわば、miniwikiのようなものになるだろう。このサンプルは、これまで開発していない。

では、どういう使い方があるのだろうか?

真っ先に思いつくのは、アドセンス的な使用方法。しかし、これは広告主の存在が不可欠である。このビジネスモデルは広告のビジネスモデルであるから、ここから離れたいものである。

これとは逆に、個人の運営するウェブサイトに対するフォローになるものでありたいと思う。企業に対して、個人が売り込みを掛けることが出来るプラットフォームにしたい。

まずは、ここから始めてみようと考えている。


0 件のコメント: