2014/05/15

vol.189 SEOシステムサービスのローンチ

リンクアドという広告配信プラットフォームは、SEO効果の高い広告である。

基本プラットフォームは、ウェブサイトのコンテンツ中のキーワードからランディングページに誘導し、そのページでコンバージョンさせてしまうという発想だからである。

当然、外部リンクの数もバナーの比ではない。1ページあたり、1個のバナーから誘導するのに比べ、ページ内のコンテンツ中のキーワードから誘導するわけだから、10個以上、さらにローテーション広告で10本回すと、なんと100本の広告を1ページに掲載する事が可能になるのである。

これまで、リンクアドプラットフォーム単体の販売を行って来た。しかし、企業には、SEOそのものに対するニーズがあり、SEOの正攻法を実践しなければ、Googleのレギュレーションに合致しないため、効果が上がらないことが分かってきた。

そこで、リンクアドと並行して、SEOシステムを販売することにした。

昨年11月から1社、今年1月から1社、当社の考える最もコンバージョンを稼げるSEOを実施させていただいた。リンクアドは、サテライトサイトに導入し、そのサイトからランディングページに誘導するための外部リンクとなる。

最近、Googleが被リンク数ではなくオーサーランクに切り替えるという発表をした。こうなると、サテライトサイトのクオリティが評価されるということになるわけだが、仮にそうなってもさして問題はない。

これまでの、只の「外部リンク屋」に過ぎなかったSEO業者は駆逐されて行くだろうが、外部リンクを自社コンテンツとして持ち、そのクオリティを向上させて行く正攻法のSEO施策が今後ますます注目されて行く事は間違いない。